三菱UFJ国際投信のインデックスファンド・シリーズ eMAXIS(イーマクシス)

HOME > eMAXIS > eMAXISについて(初めての方へ) > eMAXIS JPX日経中小型株インデックスとは?
ホーム >

eMAXIS JPX日経中小型株インデックスとは?

新登場!「投資先として魅力の高い会社」を構成銘柄とする中小型株インデックスファンド

eMAXISシリーズに、新しい日本株指数に連動をめざすファンドが誕生しました! それは、「eMAXIS JPX日経中小型インデックス」です。 当ファンドが連動することをめざす指数は、「JPX日経中小型株指数」と言って「投資者にとって投資魅力の高い会社」を構成銘柄とした中小型株の指数です。

現在、日本の中小型株式を投資投資対象とするファンド*1は82本ありますが、インデックスファンドがないことなどから信託報酬の平均は1.49%(税抜)と比較的高い水準となっています。 今回新たに設定されました、「eMAXIS JPX日経中小型インデックス」の信託報酬(税抜)は年率0.4%以内となっており、低コストで日本の中小型株式にアクセスができるようになりました。

どのようなプロセスで「投資者にとって魅力の高い会社」が選ばれているの?


具体的に、「投資者にとって魅力の高い会社」ってどのような点を見て選定するのかしら??

当ファンドが連動することをめざす「JPX日経中小型株指数」に組み入れられている銘柄は、時価総額や売買代金、ROE等を基に選定しています。
ROEとは、自己資本利益率のことで、投下資本に対する企業の収益性を見る指標として利用され、この値が高いほど収益力が高いことを示します。
下のイメージ図のように、多くの銘柄がある中から一定の条件で絞りこんでいます。

TOPIXと比較するとどうなの?

2006年8月以降で比べてみると2017年4月末時点では、JPX日経中小型指数はTOPIXを上回っており、リスクあたりリターンも相対的に高くなっています。

上記のように指数の推移に差があったのは、やはりROE(自己資本利益率)などに着目して、
指数の構成銘柄を決めていることが一因と考えられます。
足元、JPX日経中小型株指数とTOPIXとでROEを比較すると、約2%の差があります。

個々の企業の財務データなどを見て銘柄選択するのは少し大変そう…、
でも日経平均株価やTOPIXのように市場全体に投資するのではなく、
投資魅力の高い会社をある程度銘柄を厳選して投資をしたい…、
という皆さまにご興味いただけたら幸いです。

※当ページ公開日 2017年6月12日

ページトップへ

販売会社

■銀行

あおぞら銀行 青森銀行 足利銀行 阿波銀行 大分銀行 紀陽銀行 熊本銀行 山陰合同銀行 滋賀銀行 四国銀行 静岡銀行 ジャパンネット銀行 十六銀行 荘内銀行 常陽銀行 親和銀行 ソニー銀行 第四銀行 千葉銀行 中国銀行 東京都民銀行 東邦銀行 名古屋銀行 南都銀行 八十二銀行 百五銀行 百十四銀行 広島銀行 福岡銀行 福島銀行 北都銀行 北陸銀行 北海道銀行 三重銀行 三菱東京UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行(インターネット専用) 宮崎銀行 武蔵野銀行 八千代銀行 山形銀行 山梨中央銀行 ゆうちょ銀行 横浜銀行 琉球銀行

■証券会社・その他

岩井コスモ証券 エース証券 SMBC日興証券(ダイレクトコース) SMBCフレンド証券(インターネット専用) SBI証券 岡三オンライン証券 沖縄県労働金庫 カブドットコム証券 九州労働金庫 近畿労働金庫 ぐんぎん証券 GMOクリック証券 四国労働金庫 静岡県労働金庫 証券ジャパン 第四証券 高木証券 立花証券(タチバナストックハウス) ちばぎん証券 中央労働金庫 中国労働金庫 東海東京証券 東海労働金庫 東北労働金庫 東洋証券 長野県労働金庫 新潟県労働金庫 西日本シティTT証券 野村證券(野村ネット&コール) 浜銀TT証券 ひろぎん証券 フィデリティ証券 ふくおか証券 ほくほくTT証券 北陸労働金庫 北海道労働金庫 松井証券 マネックス証券 丸三証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 水戸証券 楽天証券

販売会社によりお取扱い内容が異なる場合があります。詳しくは販売会社のホームページ等でご確認ください。

Copyright