三菱UFJ国際投信のインデックスファンド・シリーズ eMAXIS(イーマクシス)

HOME > eMAXIS > スペシャルコンテンツ・ツール > インデックス早わかり > インデックス早わかり S&P先進国REITインデックス(除く日本)
ホーム >

インデックス早わかり S&P先進国REITインデックス(除く日本)

S&P先進国REITインデックス(除く日本)インデックス早わかり

類似カテゴリのインデックスと比較する

 S&P先進国REITインデックス(除く日本)S&P新興国REITインデックス
概要 S&P先進国REITインデックス(除く日本)とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが算出するグローバル株式指数「S&Pグローバル総合指数」に含まれる日本を除く先進国のリートを投資対象とする指数です。 S&P新興国REITインデックスとは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが算出するグローバル株式指数「S&Pグローバル総合指数」に含まれる新興国のリートを投資対象とする指数です。
投資対象 日本を除く先進国の不動産投資信託証券(リート) 新興国の不動産投資信託証券(リート)
算出元 S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLC S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLC
構成基準 各国の法律に基づき設立されたリートのうち時価総額、流動性などの最低基準を満たす銘柄を採用 各国の法律に基づき設立されたリートのうち時価総額、流動性などの最低基準を満たす銘柄を採用
銘柄入替 原則年4回(3、6、9、12月の第3金曜日) 原則年4回(3、6、9、12月の第3金曜日)
構成ウェイト 時価総額加重型 時価総額加重型
S&P先進国REITインデックス、新興国REITインデックスはどこが算出していますか?
S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCです。同社は115年超にわたる伝統を持つ世界最大級の投資ソリューション提供会社です。
S&P先進国REITインデックス、新興国REITインデックスの特徴は何ですか?
S&P先進国REITインデックス、新興国REITインデックスは、浮動株調整後の時価総額に応じて、ウェイトが決定されています。そのため時価総額の大きい大型銘柄の動きに影響されやすくなっています。
S&P先進国REITインデックス、新興国REITインデックスの投資対象は何ですか?
各国の法律に基づき設立されたリートのうち森林リート、モーゲージリート等を除く銘柄が投資対象となります。このうち時価総額、流動性などの最低基準を満たす銘柄が指数に採用されます。
S&P先進国REITインデックス、新興国REITインデックスはどのようなタイミングで構成銘柄の変更が行われますか?
年4回(3、6、9、12月の第3金曜日)、定期的な指数見直しが行われます。その他、M&A等のコーポレートアクションが発生した場合や世界産業分類基準(GICS)のセクターが変更された場合等には、その都度、指数に反映されます。
S&P先進国REITインデックス、新興国REITインデックスの先進国、新興国はどのような基準で区分されていますか?
原則として「一人あたりGDP」を基準に区分されますが、「一人当たりGDP」が大きくても、「証券決済サイクル」「インフレ状況」「外国人持株への制約」「通貨規制」に関する各基準の過半を満たしていなければ、先進国には区分されません。
S&P先進国REITインデックスは、どのような場面で上昇しますか?
先進国景気の拡大、不動産価格の上昇、先進国の金融緩和などを背景に上昇する傾向にあります。
(上記に当てはまらない場合もあります)
  • ※以下は、「eMAXIS 先進国リートインデックス」のプロファイルになります。

組入上位10ヵ国

組入上位10ヵ国

  • 比率はREIT評価額に対する割合です。
  • 国名は投資対象銘柄の主要取引所国を表しています。

用途別構成比率

用途別構成比率

  • 比率はREIT評価額に対する割合です。
  • GICS(世界産業分類基準)に基づいて、弊社の分類で表示しています。
REIT組入上位15銘柄
 銘柄国名比率
1 SIMON PROPERTY GROUP INC アメリカ 6.06%
2 PUBLIC STORAGE アメリカ 3.85%
3 EQUITY RESIDENTIAL アメリカ 2.80%
4 UNIBAIL-RODAMCO SE オランダ 2.51%
5 AVALONBAY COMMUNITIES INC アメリカ 2.42%
6 WELLTOWER INC アメリカ 2.32%
7 PROLOGIS INC アメリカ 2.09%
8 VENTAS INC アメリカ 1.90%
9 BOSTON PROPERTIES INC アメリカ 1.80%
10 SCENTRE GROUP オーストラリア 1.73%
11 GENERAL GROWTH PROPERTIES アメリカ 1.66%
12 VORNADO REALTY TRUST アメリカ 1.57%
13 REALTY INCOME CORP アメリカ 1.51%
14 HCP INC アメリカ 1.43%
15 ESSEX PROPERTY TRUST INC アメリカ 1.42%

(REIT組入銘柄数:314 銘柄)

  • 比率は純資産総額に対する割合です。
  • 国名は投資対象銘柄の主要取引所国を表しています。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しております。

(2016年2月29日現在)

チャート

nowloading

  • 上記は過去の実績に基づき計算した参考値であり、将来の運用成果をお約束するものではありません。
  • 指数値は、除く日本、配当込み、円換算ベースです。

年次騰落率ランキング上位

1位

1996年

指数値 162
年次騰落率 45.6%
(ご参考)
1年後の指数値
207↑

ファンドマネジャーの解説

Click!

2位

2014年

指数値 894
年次騰落率 41.8%
(ご参考)
1年後の指数値
-

ファンドマネジャーの解説

Click!

3位

2006年

指数値 700
年次騰落率 40.9%
(ご参考)
1年後の指数値
576↓

ファンドマネジャーの解説

Click!

年次騰落率ランキング下位

1位

2008年

指数値 253
年次騰落率 -56.1%
(ご参考)
1年後の指数値
353↑

ファンドマネジャーの解説

Click!

2位

1998年

指数値 161
年次騰落率 -22.0%
(ご参考)
1年後の指数値
139↓

ファンドマネジャーの解説

Click!

3位

1990年

指数値 89
年次騰落率 -21.5%
(ご参考)
1年後の指数値
100↑

ファンドマネジャーの解説

Click!

ファンドマネジャーの解説(総評)

上に見たとおり、指数値の上昇は各国の金融緩和政策や不動産市場などの景況感改善が背景にあることが多く、下落は大手企業の経営破綻や各国の財政・金融危機などをきっかけとすることが多いようです。

このように大きく上昇・下落する年はあるものの、チャートで見てわかるように指数値は基本的には右肩上がりに推移しています。大きく上昇した後も逆に大きく下落した後も、慌てて売却しない方が良い結果に結びつくことが多いといえるかもしれません。

(2015年12月31日現在)

  • 年次騰落率ランキングは、1989年以降の指数値を元に三菱UFJ国際投信が計算したものです。
  • 指数値は、除く日本、配当込み、円換算ベースです。

ページトップへ

あおぞら銀行 青森銀行 足利銀行 阿波銀行 岩井コスモ証券 エース証券 SMBC日興証券(ダイレクトコース) SMBCフレンド証券(インターネット専用) SBI証券 大分銀行 岡三オンライン証券 カブドットコム証券 紀陽銀行 熊本銀行 山陰合同銀行 GMOクリック証券 滋賀銀行 四国銀行 静岡銀行 ジャパンネット銀行 十六銀行 荘内銀行 常陽銀行 親和銀行 ソニー銀行 第四銀行 第四証券 高木証券 立花証券(タチバナストックハウス) 千葉銀行 ちばぎん証券 東海東京証券 東京都民銀行 東邦銀行 東洋証券 名古屋銀行 南都銀行 西日本シティTT証券 野村證券(野村ネット&コール) 八十二銀行 浜銀TT証券 百十四銀行 ひろぎんウツミ屋証券 広島銀行 フィデリティ証券 福岡銀行 ふくおか証券 福島銀行 北都銀行 ほくほくTT証券 北海道銀行 松井証券 マネックス証券 三重銀行 三菱東京UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行(インターネット専用) 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 水戸証券 宮崎銀行 武蔵野銀行 山形銀行 山梨中央銀行 ゆうちょ銀行 横浜銀行 楽天証券 琉球銀行

販売会社によりお取扱い内容が異なる場合があります。詳しくは販売会社のホームページ等でご確認ください。

Copyright