三菱UFJ国際投信のインデックスファンド・シリーズ eMAXIS(イーマクシス)

HOME > eMAXIS > eMAXISについて(初めての方へ) > (新)eMAXISで始めるNISA
ホーム >

eMAXISで始めるNISA

eMAXISで始めるNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)

Contents

あらためてNISA(ニーサ)って何??~制度拡充(見込み)でさらに使いやすく!~

2014年1月から新制度「NISA(ニーサ)」を導入!

NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)とは?

  • 上場株式※等、公募株式投資信託の配当・譲渡益等が非課税に!
  • 非課税となる投資額の上限は毎年100万円まで
  • 非課税期間は投資を始めた年を含め最長5年間
  • ※銀行等の販売会社では上場株式等を取り扱っていない場合がありますので、ご注意ください。

ちょっと注意!!

NISA口座で損失があっても他の口座の売却益と損益通算はできません!→NISA制度の恩恵があるのは利益が出たときのみ/非課税枠の再利用や翌年以降の繰り越しはできません!→頻繁に売買すると非課税枠がすぐになくなってしまうことも…

さらに、2016年からは非課税枠を年120万円に拡充、ジュニアNISAの口座開設(非課税枠80万円)が可能となるのだ!より多くの人がこの制度を利用するきっかけになるかも。

NISA(ニーサ)を利用するには?~必要書類を準備して提出するだけ~

NISA口座の開設手順

手続きはカンタン!以下の要領で、NISA(ニーサ)の口座開設手続きをしましょう!

  1. 最寄りの販売会社で、必要書類を入手
  2. 「申請書※」と「住民票等」を提出 ※非課税適用確認書の交付申請書
  3. 非課税口座開設届出書を提出
  • ※開設手順の詳細については、最寄りの販売会社へお問い合わせください。

口座の開設ができるのは非課税口座開設年の1月1日現在で満20歳以上の方*1で、口座開設数は1人につき1口座!*2 なお、これまでは最長で4年間NISA口座を開設する金融機関の変更はできなかったが、2015年1月1日以降、年単位で金融機関の変更ができるようになったのだ!

おすすめの投資信託~NISAの非課税メリットを享受するために~

収益を上げるには?

NISAによる非課税メリットは、収益があればこそ。収益を上げるためのポイントは以下の3つです。

  1. 成長が見込める投資対象を選ぶ
  2. 投資タイミングを的確につかむ
  3. 運用コストを切り詰める

(1)(2)はプロでも予測が難しい。しかし、(3)は商品で決まる!

そこで

eMAXISシリーズ

  • 購入時手数料は無料!
  • 運用管理費用(信託報酬)も低い!

三菱UFJ国際投信のeMAXIS(イーマクシス)シリーズは、インターネットにより誰もが気軽に投資できるよう、シンプルでわかりやすい商品を品揃えしたインデックスファンド・シリーズです。多彩な投資を低コストで行っていただけます。

世界の主要な投資対象をカバー。シンプルながらも、幅広く選べるファンドです。

シンプルな設計の商品だから、投資初心者の方にもどんな資産に投資しているのかわかりやすい!

バランス型でリスクコントロール~わかりやすさがポイントのバランス型ファンド~

ご注意!!

NISA口座内の商品をいったん売却すると、売却した部分は再利用できません。

途中売却は自由に出来ますが、売却した部分については再利用できないため、投資資産のスイッチングやリバランスが行えず、リスクコントロールが難しいことも…。
  • ※市況の変動により変化した投資配分の比率を調整すること。

おまかせで投資資産のリバランスを行うバランス型ファンドで資産形成!!

eMAXIS バランス

4資産均等型

〈基本投資割合〉

4資産均等型

新興国やリートを除く国内外の4資産に均等に投資をするベーシックなバランスファンドです。

8資産均等型

〈基本投資割合〉

8資産均等型

新興国を含む内外の8資産に均等に投資。手軽に分散投資が行えます。

波乗り型

〈基本投資割合〉

波乗り型

新興国を含む内外の8資産に投資。国内株式・先進国株式・新興国株式・国内債券の4資産については、“トレンドフォロー戦略”により、5%~35%の比率で機動的に配分します。

初心者でも手軽に、リスクを抑えた分散投資ができるのだ!

債券バランス(2資産均等型)

eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)

〈基本投資割合〉

債券バランス(2資産均等型)

国内債券とヘッジ付先進国債券に半分ずつ投資するファンドです。

NISAがスタートしてから、バランス型ファンドにお金が入ってきているね。NISAを使うならまずはバランスファンドから検討してみてはどうかな?

eMAXIS(8資産均等型)と国際バランス型※の資産流入額の推移

(期間:2011年10月~2015年9月)

eMAXIS(8資産均等型)と国際バランス型※の資産流入額の推移

  • ※国際バランス型は、三菱アセット・ブレインズ株式会社が提供する「Fund Monitor」をもとに、2015年9月末時点で存在する公募株式投信(アクティブファンドを含む)を、同社の分類を参考に、三菱UFJ国際投信で集計しています。
  • 上記の資金流入額は設定額から解約額を差し引いて計算しています。
  • 上記は、過去の実績・状況であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

(出所)三菱アセット・ブレインズのデータより三菱UFJ国際投信作成

市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

ファンドのリスクについては、「4資産均等型 」「8資産均等型」「波乗り型」「債券バランス(2資産均等型) 」の商品概要ページをご参照ください。

  • 参考資料:金融庁「平成27年度税制改正要望項目」、財務省「平成27年度税制改正の大綱の概要」「平成26年度税制改正」
  • ※本資料は2015年12月時点の各種資料をもとに作成しています。制度の内容は変更されることがあります。

投資信託のご購入の際には、必ず最新の投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

ページトップへ

あおぞら銀行 青森銀行 足利銀行 阿波銀行 岩井コスモ証券 エース証券 SMBC日興証券(ダイレクトコース) SMBCフレンド証券(インターネット専用) SBI証券 大分銀行 岡三オンライン証券 カブドットコム証券 紀陽銀行 熊本銀行 山陰合同銀行 滋賀銀行 四国銀行 静岡銀行 ジャパンネット銀行 十六銀行 荘内銀行 常陽銀行 親和銀行 ソニー銀行 第四銀行 第四証券 高木証券 立花証券(タチバナストックハウス) 千葉銀行 ちばぎん証券 東海東京証券 東京都民銀行 東邦銀行 東洋証券 名古屋銀行 南都銀行 西日本シティTT証券 野村證券(野村ネット&コール) 八十二銀行 浜銀TT証券 百十四銀行 ひろぎんウツミ屋証券 広島銀行 フィデリティ証券 福岡銀行 ふくおか証券 福島銀行 北都銀行 ほくほくTT証券 北海道銀行 松井証券 マネックス証券 三重銀行 三菱東京UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行(インターネット専用) 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 水戸証券 宮崎銀行 武蔵野銀行 山形銀行 山梨中央銀行 ゆうちょ銀行 横浜銀行 楽天証券 琉球銀行

販売会社によりお取扱い内容が異なる場合があります。詳しくは販売会社のホームページ等でご確認ください。

Copyright